樋上公実子 Kumiko Higami official website

Diary

2024
06.24

築地「天まめ」の”豆乳寒天”と大好きな”ピクルス”。豆乳寒天はきなこ(きなこと黒蜜が別添え)とあんこの2種類。豆乳寒天がふるふるつるりの柔らかさで、甘みがないので豆乳の味が感じられます。いつもはほんのり甘い粒餡入りのあんこ入りばかりでしたが、きなこも美味しい!

2024
06.23

Sさんからの「TSURUYA」の4種の素焼きナッツはちみつ漬け”ハニーナッツ”。アーモンド、くるみ、カシューナッツ、マカダミアナッツとはちみつだけで作られています。ヨーグルトに入れると、はちみつコーティングされているので甘くねちねちして美味しい。

2024
06.22

描くのも食べるのも好きなさくらんぼ。夜、毎年恒例の高校の同期会へ。高校の時は話したことないか、知らなかった方々がほとんどなのにとても楽しいのが不思議です。

2024
06.21

Aさんからの「15.0%」の”アイスクリームスプーン”。アルミニウムでできているので熱伝導率が高く手の体温がスプーンに伝わり、アイスを溶かしながらすぐに食べられるというアイスが大好きな人のためのスプーン。最初はカチコチに凍ったアイスが軽くすくえる!と思いましが、子供の頃から手足が冷たいので、熱伝導率によってアイスの冷たさがスプーンに伝わり、私の体温が負けてしまい手が冷たくなってしまったというまさかの現象が!レアケース?

2024
06.20

Sさんからの信州「TSURUYA」のやわらかドライフルーツ”ひとくち杏”。すごく美味しいといただきましたが、想像超え。ふわっととろけるような食感!ちょうど良い甘酸っぱさで香料、着色料不使用なのもよいです。真空濃縮釜で低温で蜜煮したので、生っぽいそうです。

2024
06.19

「ポルトファーロ」のデザートは可愛いBプレート。繊細なチョコレートの線!ありがたくいただきました。4丁目交差点に交番がありますが、先日は女性が座っていました。私が神戸に居た頃、上京中に「若松」であんみつを食べようと探しても見つからず、その交番のおじさんに聞いたことを思い出しました。親切に教えてくれ「あんみつ食べるの?」と言われました。「若松」も昨年末で閉店してしまいました。

2024
06.18

「ポルトファーロ」のメインは真鯛のソテーを選びました。ナイフを入れた途端これは!と思い、実際ふっくらふわっふわの身で美味しかったです。4丁目の交差点に長年あった三愛のビルが解体中でした。

2024
06.17

「ポルトファーロ銀座店」で友人たちとランチ。4丁目交差点すぐでこんなお店があったとは。前菜の次はじゃがいものニョッキチーズソースに。もちもち具合もよく、久しぶりの美味しいニョッキ!皆ソースも残さずにパンでいただきました。

2024
06.16

Yさんからの「女体についての八篇 晩菊」。たびたび美しい文字のお手紙を下さり、切手は季節の花などで素敵なのですが、いつもメールで返事でダメな私。Yさんは読書家で、私と好みが似ているのでほぼ本の話で盛り上がります。そんな中、安野モヨコさんが選んだ八篇の小説の文庫本が届き、好みどストレート!大好きな作家の作品も収録されていますが、食わず嫌いだった林芙美子の「晩菊」は出会えてよかったです。他の作品も読もうと思います。

2024
06.15

Kさんからのリトアニアの”オーガニックミネストローネ”。9種類の有機野菜がギュッと詰まった濃厚なスープなのに、スパイスの香りや酸味で爽やか。それぞれの野菜の旨みが活きているので、味付けは控えめでも味わい深く美味しい!

読み込み中
Copyright © Kumiko Higami. All rights reserved.

当サイト内の画像・テキスト等を
無断で使用及び転載する事は一切禁止しております。