樋上公実子 Kumiko Higami official website

Diary

2022
06.28

「テオブロマ」の”タルトオフレーズ”。山形産さくらんぼを口に入れると中から果汁がジュワーと溢れ、爽やかな甘酸っぱさが広がります。美味しいタルト、間のカスタード、さくらんぼが三位一体となり、うっとりする美味しさでした!初めての方々と打ち合わせ。楽しく描けそうな予感。6/30(木)22時からのTBS、櫻井・有吉THE夜会を録画して(寝てる時間なので)広末涼子さんに注目しようと思います。(予告でチラッと出ていたそうです)

2022
06.27

友人とランチ後に「フルーツパーラーゴトー」で”さくらんぼ(佐藤錦)のパフェ”。可愛くて美味しいさくらんぼ。自家製さくらんぼのアイスがまた素晴らしかった!彼女と久しぶりと思ったら半年ぶりでしたが、半年分のおしゃべりをして大笑いしました。帰宅するとゆでダコ状態でした!そして梅雨明けのさくらんぼパフェだったことを知りました。

2022
06.26

素敵なお手紙を度々くださるYさんからの「ハウスオブローゼ」の”しょうが湯”。「生姜風味がすきなので」とお礼メールすると「生姜風味って・・・くれぐれも食べないでくださいね。お風呂ですからー」と即お手紙が。私はメールオンリーなので、メールとお手紙のチャット状態に時々なります。

2022
06.25

とうもろこしの炊き込みご飯を作りました。とうもろこしがシャキシャキで甘くとても美味しい!先日、乾燥ワカメが棘となり指に刺さってしまいました。2年ほど前にも茄子のヘタが指に刺さり、痛いし、自分ではどうしても抜けず、皮膚科で抜いていただいたことがあったので、焦りましたが、なんとかワカメは自力でピンセットで抜くことができました!そのことを話すと「里山の子熊みたい」と言われました。

2022
06.24

Aさんからの岡山「水車の里 フルーツトピア」の”矢掛・黒米甘酒 紅仙人”と岡山のお茶いろいろ。甘酒は暑くなると凍らせてアイスとして食べています。この黒米入りの甘酒は粒々感もあり、小豆アイスのようで美味しい!(色にひっぱられている?)アトリエに扇風機出しました。

2022
06.23

Aさんからの大阪「蜜香屋」の”茶けんぴ”3種。抹茶、ほうじ茶、和紅茶。細い芋けんぴがとてもかたくパリッとして、上品な甘さにお茶の香りがほんのり香り、やめられない系です!

2022
06.22

高3のHさんからの「御菓子司 あん」の”おいものまんまのSweet Potato”。届いたことにまずびっくり、包みを開けてまさかののし付き!昨年9月の企画展で初めて偶然お会いし、可愛い高校生で驚いたのでした。(その半年前、日本橋高島屋の個展で置いていた芳名録ノートに書かれた丁寧な感想とお名前が印象的で覚えていました)私の絵が好きな女子高生がいらっしゃることがとても嬉しいです。丹波の砂丘芋と白餡で作られたスイートポテトは冷やしてしっとり、レンジで温めるとホコホコ、トースターで焼くと表面カリッと中はほっくり!どの方法でも美味しい!

2022
06.21

Yさんからの「南阿蘇 TEA HOUSE」のハーブティー3種。毎日飲めるハーブティー、香ばしい野草茶、南阿蘇100%ハーブレモングラス。どれもすっきりしているけど、濃い!特に驚いたのが南阿蘇で育てた鮮度の高いレモングラスティー。まるで生のレモングラスティーのように香りが畳み掛けるように広がりました!

2022
06.20

Sさんからの福井「RUNNY CHEESE」の”羽二重光絹ベイクドチーズケーキ”。クリームチーズのチーズケーキに羽二重もちと粒あんが仕込まれ、ねっとり&もちもち!昨日、今日の2日で地塗り5枚×20回終了しました。1回1回ドライヤーで乾かすので、暑い季節になってきました。

2022
06.19

先々週発売『魅きつける!スイーツ・パッケージ・デザイン・コレクション』(インパクトコミュニケーションズ)に「テオブロマ」のパッケージが掲載されています。先週、買いに行き、カットをお願いした板が届きました。今描き始めた絵が終われば描ける9月の個展小品用です。

読み込み中
Copyright © Kumiko Higami. All rights reserved.

当サイト内の画像・テキスト等を
無断で使用及び転載する事は一切禁止しております。