樋上公実子 Kumiko Higami official website

Diary

2024
05.20

Kさんからの「ノイベナ農園」の”生姜黒糖”。なめらかでゆっくりしっとり溶けていきます。黒糖が好きで何種類かうちにありますが、粒子の大きさが違うのがはっきりわかる程、きめ細かい。生姜もはっきりして大好きです。

2024
05.19

Kさんからの手作りのヨモギ茶と「People Tree」の”オーガニックオレンジ”。お庭のヨモギを蒸して天日干しにされたそうです。よい香りでやわらかい味で美味しい!チョコレートは黒糖ミルクとオレンジの香りがなめらかに溶けました。

2024
05.18

「エメラルドの夜」を額装しました。私も東武の会場で初めて見ましたが、マットが銀色で素敵でした。(写真は少し暗いです)22(水)まで!朝から夕方まで祭囃子が聞こえてきて、下町の夏がはじまりました。

2024
05.17

東武で展示中の「絶滅したナハト」。今日は午前中に少しだけ在廊しまた。私はルーの白ニットを着て行きましたが、偶然ルーの白ニットを着て来られた友人と会えて、お互いにびっくり。しかも二人とも初めて着た日!数人とお会いでき楽しい時間でした。その後、恵比寿での箱舟派ボート班展へ。見応えたっぷり!ここでも友人とばったり。四谷シモンさんの個展も伺い、昨日は自由が丘でのくるはらきみさんの個展で大変浄化され、先週今週と眼福の日々。

2024
05.16

「菓匠 花見」の”花菖蒲”と”落とし文”。花菖蒲の中はこし餡、落とし文は抹茶餡を葉っぱで包んでいます。池袋東武の初日にお運びくださった方々ありがとうございました!少し在廊中に友人が来られ、「そう言えば公実ちゃん、邪馬台国はどうだった?」(西表島です)とか「マングースの森に・・」(マングローブです)と続き、画廊で大笑いしてしまいました。

2024
05.15

リビングに残したクワズイモ。京橋、メゾンドネコでの石澤晶子さんの個展へ(〜19日)。品のよい少女が今回は優しいだけでなく、強い光を放っているように感じ、ドキドキしました。久しぶりにお話しでき、次の展示も楽しみになりました。明日は池袋東武での乱歩にまつわる企画展の初日です。ご都合よろしければ期間中にぜひお運びくださいね。

2024
05.14

石川「村上製菓所」の”なめらかチョコ羊羹(加賀棒茶)”。濃厚でとろけるようなチョコレートを感じる羊羹。豆は白いんげん豆で、加賀棒茶も入っていますが、私はダントツチョコを感じ他はあまり感じませんが、人によって加賀棒茶を1番に感じたりで、面白いなあと思います。

2024
05.13

Kさんからの唐津の隆太窯の湯呑み。ころんとした手に馴染む可愛らしい形!いつものお茶がぐっと美味しく感じます。

2024
05.12

一昨日、鉛筆画の教室の前にSPACE YUIでの須川まきこさんの個展『密だわ』へ。思わず顔がにやけてしまうほど可愛くてキュート!繊細な線が魅力的なのはもちろん、今回は特にムチムチした感じがツボでした。須川さんにも会えて嬉しかったです。5月に入り、週末はお祭り続き。今朝、近所で偶然お神輿に遭遇し、小さな公園には神馬が待機していました。昨日の朝も待機中の7艘のお神輿を見て、なんだかラッキーな気持ちでした。

2024
05.11

「中川多理人形展」(〜14日)で先行販売されている『人形歌集 骨ならびにボネ』(川野芽生 中川多理)。ダブルサイン入り!手に馴染むしっとりした手触りで開きやすい。多理さんの説明を思い出しながら、川野さんの歌を読むとより深く入り込め、別世界へ。

読み込み中
Copyright © Kumiko Higami. All rights reserved.

当サイト内の画像・テキスト等を
無断で使用及び転載する事は一切禁止しております。