樋上公実子 Kumiko Higami official website

Diary

2024
03.03

Mさんからの「曙」の”ひなおかき”。お雛様が香ばし醤油、お大理様がマイルドサラダ。鉛筆派22回展は明後日5(火)まで。最終日だけ16時までです。毎日たくさんのお客様がお越しくださっているそうです。ありがとうございます。(私は初日にしか行けずです)ご都合つきましたら観ていただけたら嬉しいです。

2024
03.02

Mさんからの手作り甘夏のマーマレード。香りがよく、ほろ苦さもあり控えめな甘さがちょうど好き!厚めで食感も楽しく美味しかったです!バゲットにたっぷりのせていただきました。100人展終了しました。お忙しい中、お運びくださった方々、感想お送りくださった方々ありがとうございました!

2024
03.01

打ち合わせで「フルーツパーラーゴトー」へ。”12種の柑橘系のパフェ”は毎年感激します。どれも柑橘なのが不思議なほど際立って特徴がありますが、どれも好きです。自家製オレンジのアイスが全てをまとめています。ゴトーさん、FURFURのミラのスウェットの青を着ておられ、すごくお似合いでした!

2024
02.29

「鉛筆派22回展」の初日に行ってきました。素晴らしい作品の数々が広い会場に並んでいて、吸い込まれるような作品や鉛筆とは思えない作品もたくさん!いらしてくださった友人たちもありがたく、オープン前から並んでくださった方々にも感謝の気持ちでいっぱいです。とても嬉しい日になりました。「絶滅したルル」が額装された様子です。

2024
02.28

「棲み家」20×15cmぐらい 鉛筆派22回展に出品します。この展示のために下絵なしでいきなり紙に描き始めました。いよいよ明日からです。国立駅から徒歩2分のコートギャラリー国立で、84名の作品160点余りが並びます。ご都合つきましたら観ていただけると嬉しいです!

2024
02.27

「絶滅したルル」(額装前)鉛筆派22回展に出品の共通課題「ZOO」の作品。15×15cm 『人魚の見る夢』(ステュディオ・パラボリカ刊)に収録のルルを鉛筆で描きました。2/29〜3/5 コートギャラリー国立 私は初日29(木)13時〜15時頃に在廊予定です。

2024
02.26

「絶滅したルビー」。20cm×15cmほどの小品です。FURFURとのコラボレーションアイテムのトートバッグにもなっているルビーを鉛筆で描きました。明々後日2/29(木)からのコートギャラリー国立での鉛筆派22回展に出品する3点のうちの1点です。

2024
02.25

帰宅して次の日ですが、友人たちと約束のランチへ。「ルートブックス」の「ルートカレー」でミールス。12種類もスパイシーで奥深いおかずがあり、どれも美味しくて楽しくてお話しもご飯も進みました。冷たい雨の日ですが、満席で1Fのカフェも満席大人気でした。

2024
02.24

行きに着いた港(上原港)からの便が欠航となったため、1時間バスで反対側の港(大原港)から石垣島へ。大原港(日本最南端の信号機がすぐ近く)のここでしか食べられない黒糖ソフトキビ蜜がけ。とても美味しかったです!

2024
02.23

珍しいアダンの新芽の天ぷら。新筍のような食感!他に初めてのイノシシ汁、もずくの天ぷら、ガザミ汁、グルクン(魚)の南蛮漬け、黒糖のスペアリブなども印象に残り美味しかったです。

読み込み中
Copyright © Kumiko Higami. All rights reserved.

当サイト内の画像・テキスト等を
無断で使用及び転載する事は一切禁止しております。