樋上公実子 Kumiko Higami official website

Diary

2020
02.18

「ラミティエ」のデザートはバスク風チーズケーキにしました。これもどーん。あまりに好みでした!焼けたところ、中間、生っぽくブニュとなっているところなど。落ち度がない。次に来てもこれを選ぶでしょう。ピンポイントギャラリーの「里帰り」の感想をありがとうございます。いろいろ想像いただき、楽しく嬉しいです。

2020
02.17

先日「ラミティエ」の豚バラ肉のシュークルート。ドーンとしています。表面はパリッとして中はトロトロ。太いソーセージとベーコンもキャベツに潜ませてあり、豚肉三昧ですが、キャベツの酸味とからしと合わせるとくどさがなく、ぺろりといけます。シンプルで好きです。

2020
02.16

「日本百景」展に出品の『里帰り』(竜宮城入口まであと少し)。巻貝が竜宮城入口です。入口までの乗り物は亀ではなく、ヤドカリで女の子に向かっているところ。私はまだ伺えていませんが、ありがたいことにギャラリーの方からお求めいただいたと連絡がありましたので、原画の展示は今回だけで22(土)までです。とても不思議なご縁に驚いています。浦島の魔法。

2020
02.15

Yさんからバレンタインに素敵なカードと一緒に届いたトリノ「グイド・ゴビーノ」のチョコレート。変わらないトリノット一粒の満足感!Pinpoint Galleryの「日本百景」展、明日(日曜日)はお休みです。明後日17(月)〜22(土)までです。

2020
02.14

Tさんからのベルギー「centho(セントー)」の金賞受賞した”塩キャラメル”。塩がコスタリカ産カカオとほろ苦いキャラメルの繊細な組み合わせを引き立てて、甘さが素敵で美味しい!ちょうどシェフが来日されていたそうで、貴重なサイン入り!依頼の2点をお渡しに行きました。2点とも気に入っていただき、よかったです。そしてさらに追加依頼も。

2020
02.13

高田馬場「ラミティエ」で友人とランチ。前菜は卵とエビのマヨネーズがけ。可愛い!(奥は友人のカニ入りキッシュ)もちろんどれもシンプルで美味しく大好きです。10年ほど前も彼女と一緒にここでランチをしたので、変わらぬ美味しさと相変わらず素敵な彼女との嬉しい時間でした。恵比寿のシスとMalleへも行き、眼福!

2020
02.12

「たねや」の八日市の社限定”永源寺 黒豆蒸羊羹”。北海道の小豆のもちもちした蒸羊羹に近江の黒豆が散りばめられ、食感と風味が効いています!今週、お渡しの2点を長くかかりましたがついに描き終え、来月締め切りの絵を描き始めています。迷いましたが、キャンバスに自分なりの混合技法で進めることにしました。完成図と色も見えているので、近づけるように。

2020
02.11

発売中「ダ・ヴィンチ」3月号(表紙は綾野剛)の特集「チョコレートと本」の中の『ブックデザイナーが選ぶ美しのチョコレート』で川名潤さんがテオブロマのキャビア缶を選んでくださいました!今日、買いに行き、掲載ページ上方と本物のキャビアと一緒の写真。コメントが面白くて笑ってしまいましたが、とても嬉しかったです。

2020
02.10

スウェーデンのお菓子屋さんでケーキを買って皆でいただきました。可愛くて、軽やかな味!発売中「ダ・ヴィンチ」の特集『チョコレートと本』の中で、ブックデザイナーが選ぶ美しのチョコレートに「テオブロマ」のキャビアのビターとミルク2缶が選ばれているそうです!とても嬉しいです。

2020
02.09

お墓まいり後、皆でランチ。どんどん注文してもりもり食べました。とても美味しかった!明日からPinpoint Gallleryで「日本百景」展です!100人100点の日本の風景を楽しんでいただければと思います。前の場所から少し離れた新しいギャラリーですので、お間違えのないようにお願いします。

読み込み中
Copyright © Kumiko Higami. All rights reserved.

当サイト内の画像・テキスト等を
無断で使用及び転載する事は一切禁止しております。