樋上公実子 Kumiko Higami official website

Diary

2018
06.21

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

昨夜は市ヶ谷「なる川」で6月生まれの3人で恒例、鱧鍋会。一度食べると虜になります。お鍋の前の水茄子生ハム、カボチャと海老のサラダ、生牡蠣、トウモロコシのかき揚げも定番ですが、毎年美味しくて驚きます。とろとろの玉葱と鱧を食べた後の濃厚な出汁に〆はおそうめんを入れて煮込みます。デザートのアイスに添えられた梅の甘酸っぱさも好きです。

2018
06.20

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「CICADA 」のデザートは温かいチョコレートケーキとジェラート、アーモンドクリームブリュレ、マルサラ入りティラミス。ここのティラミス大好きですが、昨日は特にアーモンドの香りが良いクレームブリュレが美味しく感じました。NYでの展示、引続き、一部展示中です。もし行かれることがありましたら、お立寄り下さい。

2018
06.19

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

表参道「CICADA」で友人達とタパスの盛り合せと平たいパンとグリンピースのデップでランチ。どれも美味しかった!いつも満席の人気店ですが、接客も丁寧です。Pinpoint GalleryでのNY在住、キノマホさんの銅版画展へ。ピーナッツのキャラクター、やはり大好きで可愛い!今回の展示も素敵でした。先月の私のNYでの個展のオープニングにもいらして下さり、その時から今回の展示を楽しみにしていました。

2018
06.18

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Tさんから届いたフルーツケーキ。美しいリボンのかかった箱入りでプロの包装だったので、素敵なお店だなあと思ったら手作りでした。卵以外の材料は全てフランス製(フランスから買って帰った)を使い、無花果、杏、プルーン、レーズン、アーモンド、ヘーゼルナッツ、胡桃をキルシュとスパイスとシロップに半年以上漬込み、寝かせ、焼き上げた後もキルシュをたっぷり打ち込んだ大人のケーキ。しっとり馴染んだ生地はまろやかで深く、様々な食感も素晴らしかったです!

2018
06.17

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「星福」のデザートは白キクラゲとココナツのスープ。昔、雅子さんとここでランチしたこと思い出しました。明日、13時〜BSプレミアムで「山猫」、明後日は「ベニスに死す」の放送があります。ヴィスコンティ作品の中でも特に好きな一瞬息が止まるタイプの2作品です。何度観ても飽きないどころか、増々深みにハマります。

2018
06.16

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

銀座、中国薬膳料理「星福」で4人で恒例大笑いランチ。林檎、胡桃、くらげの前菜、フカヒレの姿煮、アワビのスープ(写真)、北京ダック、小龍包、海老炒め、ワンタン。スープとワンタンにクコがこれでもかと入っていました。梅雨寒でしたが、どれも身体にすっーと入って、ポカポカしてきました。

2018
06.15

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Mさんからの「舟和」の”芋ようかん”と可愛い”あんこ玉”。神戸に居た頃の一番嬉しい東京土産でしたが、今も変わらず大好きで、このシンプルさはきっと一生好きだと思います。下絵が出来ている混合技法4点をこれから仕上げていきます。今は迷いながら苦手なハッチング中。

2018
06.14

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

数々の雨のシーンが印象的な映画「花様年華」(2000年)。公開当時、今はなき京橋の映画館に観に行き、あまりの美しさにフラフラになって買ったパンフレットです。あれから18年も経つとは。ストーリーは忘れ、マギー・チャンのとっかえひっかえの完璧なチャイナドレス姿、細い通路、雨だけが残りました。梅雨にぴったりと久しぶりに観ると、打ち抜かれまして、昨日で4回目。細部まで確認しながら観ると増々素晴らしかったです。音楽がずっと流れています。

2018
06.13

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今日、Mさんから届いた「ATSUSHI TANIGUCHI」の素晴らしいお花!白でまとめられ、清楚で儚げなのに、近くでよく見ると吸い込まれそうに妖艶でもあります。白い薔薇、ダリア、クレマチス、グロリオサ、シンビジウム、などなど。さし色に薄い紫のアジサイが瑞々しい。

2018
06.12

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

昨日「テオブロマ」でデザートにした”サンフォアキンドス”。何度食べても飽きずに感動します。小麦粉の入っていない濃厚で上品な大人のチョコレートケーキ。口溶け、香り、余韻が素晴らしい!最近、海外のお客様にサンフォアキンドスが大人気で(You Tubeで人気に火がついたそうです)、作るのが追いつかない程だそうです。道理で外国の方々が次々といらして、常に満席でした。隣とその隣の席の男性にシェフが「どうですか?」と聞くと2人とも「アメイジング!」。

読み込み中
Copyright © Kumiko Higami. All rights reserved.

当サイト内の画像・テキスト等を
無断で使用及び転載する事は一切禁止しております。